施工管理に転職するのが向いている人、いない人

施工管理の転職は未経験者でもチャレンジできますが、やはり仕事には向き不向きがあります。

せっかく施工管理の仕事に就いたのにすぐ離職してしまっては意味がありません。

どのような人材が施工管理に向いているでしょうか。

【施工管理に向いている人】

○リーダーシップが執れる

やはり工事という一大プロジェクトをまとめる役割を担うので、リーダーシップは欠かせません。

必ずしもみんなを引っ張る体育会系であればよいというわけではなく、周りとの意見交換や調整ができる柔軟な考えをもって指揮を執れる人が向いているといえます。

○コツコツと積み上げることができる粘り強さ

工事は長期間に渡るプロジェクトです。

覚えなければならないことが山積みであり、地味な事務作業もコツコツとできることが大切です。

また、クライアントと現場の意見が違うなど折衝も行うため、粘り強く交渉ごとができるのも向いている人の特徴です。

【施工管理に向いていない人】

○マルチタスクが苦手

施工管理といえば、やはりたくさんの業務を同時進行で行うことが必要です。

一つのことに夢中になって他が疎かになってしまう…という人は難しいでしょう。

○コミュニケーション能力が低い

周りの意見を聞き、円滑に工事を進めるためにはコミュニケーション能力は不可欠です。

苦手、という人は職人さんタイプかもしれません。

○パソコンが苦手

施工管理は工事現場だけでなく、デスクワークも必要です。

最低限のパソコンスキルは必要でしょう。

カテゴリー: 施工管理の転職を決める前に パーマリンク