転職にオススメな施工管理とはどんな仕事?①

施工管理は、工事にとって必要不可欠な職種のひとつで転職する場合も求人がたいへん多いためオススメです。

施工管理がどういう仕事なのかをご案内します。

【施工管理の4大管理とは】

施工管理とはひとつの工事に対して、最後まで工事がスムーズに行われるかを全般を見渡して管理する仕事になります。

○工程管理

工事には必ず「工期」という期限が定められています。

工期に工事を間に合わせるように日程などをスケジューリングするのは施工管理の大事な仕事です。

○品質管理

ずさんな手抜き工事など、後々で重大な事故やトラブルが発生しないよう、工事の品質を管理する仕事です。

また、その工事を行っている自治体が求める品質基準に合わせて工事を仕上げるのも施工管理の業務です。

○原価管理

工事には膨大な資金が必要です。

湯水のようにお金を使うわけにはいきません。

与えられた予算がありますので、その予算内で工事を終わらせるよう管理することを原価管理といいます。

○安全管理

工事現場は他業種と比べて事故や怪我が起こりやすい環境であることは否めません。

そうならないよう労働環境を整えたり、資材の整理、機器の点検やメンテナンスなどリスクマネジメントを行うことが安全管理です。

もちろん業務はこれだけではありません。

会議に出たり、書類関連の仕事を行ったりと多岐に渡っています。

さまざまな職種を経験した人は、転職時にマルチな経験が活かしやすいですね。

カテゴリー: 施工管理という仕事 パーマリンク